New entry

因果応報

判定 その2

100回目開幕

判定

ZEROへの道程 ー世間話ー

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2018.05.11

人間DOC 2018

Just さて、今年の人間DOCの結果が来た。

 

総合所見は歯が汚い、体重が増えた、胃が赤い

とまあ毎年のことである。

いや、体重が増えた(長野マラソンで絞りきれなかった)

体重、体脂肪率もそうだが腹回りが 80→83→86.2 とただの中年ぶとりの

オジサンになっている。

 

で、体組成とマラソンタイムは

2008 81.4kg 23.7% 86cm (体重、体脂肪率、腹まわり)

2009 84.5kg 22.6% 86cm

長野マラソンを始める

2010 76.3kg 16.8% 77cm 4時間6分34秒

2011 76.8kg 16.5% 77.3cm 中止

2012 77.3kg 18.2% 80cm 4時間7分37秒

2013 76.1kg 16.0% 77.5cm 4時間12分10秒

長野マラソンに飽きる

2014 80.2kg 20.9% 83.8cm 4時間28分42秒

2015 82.4kg 23.3% 84.2cm 41,1km関門閉鎖

2016 80.0kg 20.7% 81.4cm 4時間54分40秒

2017 79.8kg 19.0% 83.0cm 4時間45分26秒

2018 81.2kg 21.8% 86.2cn 39km関門閉鎖

 

腹回りがなんとマラソンを始める前と同じになってしまった。

体脂肪率も20%を越えるとはランナーの体型ではない。

 

おまけに肺活量は

2008  5860cc

2009  5650

2010  5970

2011  6130

2012  6000

2013  6060

2014  6190

2015  5730

2016  5610

2017  5740

2018  5460  今年がた落ちである。

肥満体で脚力もなく心肺機能も低下しているなかで走っても土台完走はむりな

のである。

別に不思議でもなんでもない当然の結果ということだった。

 

さて、どこをどう立て直すか。