New entry

BS通信1809 訂正

ONE SHOT

BONSAI通信1809

生き方 (歌手、女優)

高校の名前

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2018.09.10

連敗 U18

武士の情けはやめておけ

などと言っている場合ではない。

U18野球アジア大会は、佳境を迎えたが韓国戦、台湾戦に連敗して決勝進出

ができなくなった。

 

木製バットに対応できていないだの、左打者ばかりの人選ミスだの、様々な

原因が取り沙汰されている。

それもそうだが、私の考えている視点からの原因はこうだ。

 

日本の社会を取り巻く改革の成果が本大会の結果にも現れた、と思う。

 

それはまず、あまり頑張らないでスポーツをするということ。

部活の練習時間は短くしましょう、暴力はもちろん暴言などで選手を指導する

のはやめましょう、という日本が進もうとしている正しい道すじに進んで行く

と国際的なレベルでの戦いには負けるだろうから。(という私の予言

 

それから、野球に限るかもしれないが、日本の野球がどこか、とてもキレイな、

整ったものになっているような気がする。

キレイに整備されたグランドで、間違いのない審判のジャッジのもと、相手を追い

込むヤジもなく、キレイなフォームのピッチャーとバッターが対戦する。

なにか、こう、野球というスポーツを純粋にキレイに楽しんでいるのが今の高校野球

だと思う。(日本野球の独自の進化ともいえるが)

 

国際大会は違う。

あまりにも画一的で純粋培養温室のなかで試合をしてきた選手が、いきなり闘志

むき出しの海外チームと戦うのである。

日本は野球というスポーツをプレーしているが、韓国は野球というツールで戦争を

仕掛けていると思われるくらい気持ちの持ちようが違う。

 

なので、残念ながら今の日本では国際大会を勝ち上がることはできないし、これから

もっと戦えなくなっていくだろうと予言する。

だからといって、暴力肯定というわけではないので、今までの日本の成功体験から

脱皮していかに強くなるか、の大改革に踏み切らなければならないのだと思う。

 

もっとも、日本独自の道を進み、甲子園のみを楽しむのも一つの手ではあると思うけど。