New entry

視察研修2018

手帳2019

BONSAI便り1811

偉くなったシリーズ

楠ワイナリー

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2018.11.1

ZEROへの道程 ー藁ー

(ZEROへの道程 EPISODE5 闘病)

 

平成12年秋、父が余命3ヶ月の宣告を受けて

「藁をもすがる思い」

というやつを3回ほど試してみた。

 

1回目 セカンドオピニオン

すでに書いた

 

2回目 アガリスク

とある社長さんが持ってきてくれた。

きのこの濃縮エキス?みたいなもので、私も一度飲んでみたが超まずい

だが、これで良くなれば、と父は毎日飲んでいた。

 

3回目 マイクロ波

すでにガンの転移が進み、あとはその時を待つ段階

死の3週間ほど前だったが、最後のチャンスとばかりにマイクロ波治療で有名

な(多分)医者を紹介された。

まずはOリングでガンの場所を特定し(ほぼ当たっていたのは驚いた)

なにやら四角い箱のような物を体の前後にセットして、

ブーン、、、と機械音が何回かすると、

「はい、これでガンは消えました」

とのこと。

まったくもって、怪しい医者であった。

 

その帰り道

父は得意の「予言」を言い始めた。

(4歳の)のえ、はまあ普通の人生かな、

(1歳の)あつきは、まだわからないなあ、

二人とも、どんな人生を歩むんだろうね、、、、

 

さぞかし、その目で孫の成長を見たかったであろうことが

言葉ににじみ出ていた。

野球に夢中になる娘を、野球に打ち込む息子の姿をみせてやりたかった。

さぞかし喜んだことだろう。。。