New entry

視察研修2018

手帳2019

BONSAI便り1811

偉くなったシリーズ

楠ワイナリー

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2018.11.9

偉くなったシリーズ

お前も偉くなったな、シリーズその1(2以降があるかはわからない)

 

私は普段NHKしか見ない。(マツコの知らない、と俳句の毒舌オバサンは特別)

で、「探検バクモン」のはなし。

いろんなジャンルの「裏側」の世界を見られる番組で、「禅 大本山総持寺」に惹か

れて流し見をしていたら、、、ぶっ飛んだ。

爆笑問題らの案内役として登場したのが、

大本山総持寺 単頭 柴田康裕師

だという。

 

ちょっと待て、7番ファースト柴田、元気とやる気だけを買われてレギュラー

に抜擢された柴田か?

送りバントの練習でバットと目を近づけろ!と監督に言われて、近づけすぎて

自分のほっぺでバントしてしまった柴田か?

 

高校の時に、親戚の寺の跡取りになることを決意して改名(多分得度も)して、

その後秋田の山深い寺に行き、年賀状をやりとりするだけだったが、いつのま

に出世したのだろうか。

 

全然変わってないなー、などと一人ニヤつきながら、テレビを見ていたのだが、

柴田師の言動を見ていると、ニヤつけなくなってきた、というかニヤついた自分

が恥ずかしくなってきた。

柴田師は外見は変わっていなかったが、中身は変わった。

修行を積み重ねた賜物であろうか、一本芯の通ったブレない人間になっていた。

 

今度、総持寺にいって座禅でも組んで会いに行ってみようかな。

欲にまみれた人間としては、柴田師の前に出るのが恥ずかしい限りだが、それも

また自分の生きてきた道だし、そんな自分を正してもらいたい気もする。

 

そして、自分の枕経を柴田師にお願いしてみるとするか。