New entry

腓骨筋腱炎

鈴木一朗

BONSAIだより 1903の2

新兵器1903 その2

新兵器1903

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2019.01.7

一燈

提一燈行暗夜。勿憂暗夜、只頼一燈。

 

仕事始めの挨拶として、珍しく(初めて?)難しい言葉を引用した。

というのも、年末年始の課題図書「西郷南州遺訓」をなんとか読み終えたので

折角なので。(新し物好き)

中国語を読み下しているような難しい文章のなか、いくつか、「なるほどな」

と自分への戒めとして持っていたい言葉を見つけることができて、その中で

社員全員で持っていたい言葉として冒頭の「一燈」を選んだ。

 

平成から光永へ

時代は間違いなく大きく変わる。(すでに変わりつつある)

しかし右へ行くのか左へ行くのか、上か、下か、全くわからない。

まるで闇の中のジェットコースターだ。

だから

 

提一燈行暗夜。勿憂暗夜、只頼一燈。

一燈を提げて、暗夜を行く。暗夜を憂うる勿れ、只だ一燈を頼め。

いっとうをひっさげて、あんやをいく。あんやをうれうるなかれ、ただいっとうをたのめ。

 

行く先の闇夜を怖がってもしょうがない。それより手に燈(ともしび)を

掲げて、それを信じて進めば大丈夫だ。

 

一燈が大切になってくる。

どんな燈を掲げるか、それが私の使命である。