EQUAL ZERO

Company_profile 企業情報

代表取締役社長

代表挨拶

イコールゼロ株式会社という名前に変えました。いわゆるゴミ屋の世界に新しい風を吹き込みたいゴミ屋らしくなくいままでの会社の在り方らしくもなくそんな事を考え悩んで新しい会社のカタチを創りつつありますまだ発展途上たいそう独りよがりな考え方かと思いますが正しいことを考え進めようと言う思いに間違いはないと信じていますどこにも無い 誰も真似できない 唯一無二の会社イコールゼロをめざします。

過去の挨拶はこちら


経営理念

イコールゼロは、我々がかく信じる経営理念を原点として、
一人ひとりの「いい人生」の実現に、企業価値を求め続ける。

1)倫理を守る会社

廃棄物処理事業における社会的責任を自覚し、善悪の価値判断を基盤とした企業活動を行う。

2)社会に貢献する会社

環境事業を通して、安心して暮らせる生活環境と自然環境を保障する社会の整備に貢献する。

3)人間本位の会社

個人を尊重し個人の成長を会社発展の基礎と考え、その成果と姿勢を公正に評価し処遇する。

4)感動を共有する会社

共に苦労し共に喜び、会社の発展と個人の働きがいを創造する、誇りの持てる会社をつくる。

三感の心 創業者 林 襄

感謝 信頼は感謝の心から生まれる 感激 感激はベストを尽くした人に味わえる人生の宝 感動 人も会社も感動する人によって創られる

沿革

1968.01

有限会社みすず商会設立。
長野市委託清掃業開始。

1971.05

社名変更、株式会社みすず工業となる。

1972.09

産業廃棄物処理業許可取得 許可番号長野県第4号

1985.11

化学系産業廃棄物(廃液)処理工場を建設

1989.01

処理工場・新工場を建設

2001.03

ISO14001認証

2004.10

重金属回収プラント SSプロセス設置

2006.06

金属回収リサイクルプラント EMEWプロセス設置

2013.01

みすず工業環境株式会社を吸収分割
社名をイコールゼロに変更

2015.09

株式会社タケエイ グループ入り

アクセス

〒381-0022 長野県長野市大字大豆島4020-3

TEL.026-221-8080

FAX.026-221-4505

拡大地図へ

Google Mapへ

社会貢献活動

私たちは次世代を担う子どもたちに地球環境を保つ事の大切さを知ってもらおうと、様々な体験・教育活動に参加しています。毎年小学生を対象に夏休みを利用しての親子体験教室を行っており、日常生活と産廃との密接な関係や、様々な実験を通して楽しく分かりやすく環境保全への関心を高めてもらえるようお手伝いをしています。当社社員も参加することで、私たちの事業の大切さを改めて実感する事もあり、共に学び合う機会を得る点においても、とても重要な活動であると考えています。また、地域のクリーン活動にも参加し、身近なところから環境保全を推進するお手伝いを続けています。こうした活動を通して、少しでも美しい地球を未来につなげて行くための力となることが、イコールゼロの重要な役目だと考えています。

ISO14001マネジメントシステム

地球環境保全に取り組む第一線の実務者として環境マネジメントシステムを実践しています。

イコールゼロ株式会社 環境方針

病める地球、病める人間社会。
地球は、人間社会はこのままでは終わってしまう。
誰もが思っていながら終末へのシナリオをあゆみつつある人類。
イコールゼロは、その社命とする資源循環をもって循環型社会推進の一翼を担うことで、未来に生きるすべての生命のため、地球環境保全に一石を投じていきます。
これを実現するために当社は次のことを約束します。


1)当社の活動がもたらす環境影響を的確に捉え、環境マネジメントシステムの構築と運用を実行します。


2)環境関連の法規制と当社が同意するその他の要求事項を遵守するとともに、汚染の予防に努めます。


3)環境目的および環境目標の設定と見直し、およびその達成をめざす中で、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。


4)循環型社会の構築に向けて、回収廃液の資源循環に重点的に取り組みます。


5)この環境方針をイコールゼロのために働くすべての人に周知するとともに、ほしいという方にお渡しします。


登録番号:JQA-EM1404 登録活動範囲:産業廃棄物の収集運搬・中間処理及び一般廃棄物の収集運搬

新着情報アーカイブへ