New entry

流れ

小布施見にマラソン2018

夏100回

暑中お見舞い

通信不良

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2018.07.20

流れ

高校野球も大詰め、準々決勝が行われた。

松商学園 対 岡谷南高校

松商学園が、いかにエースを温存して次の準決勝、佐久長聖と戦うか、、、

と誰もが予測していたが、まさかの岡谷南高校の勝利となった。

改めて、高校野球は面白いし、恐ろしいなと思った。

 

勝敗を分けたのは一言で言ってしまうと「流れ」だと思う。

140kmの剛腕投手だとか、打率6割を超える強打者、などなどチームの実力を

示すデータは山ほどある。

だが、数字では表わせない、しかも目にも見えない「試合の流れ」というものが

勝負の行方を左右することがある。

この試合、松商学園はエースを温存して2番手投手が先発したが打たれ、3番手

投手がリリーフしたが打たれ1、2回で4点を挙げた岡谷南に流れが一気に傾い

てしまった。

そうこうするうちに、松商学園には「あせり」が出てきてしまって、そのあせりは

チーム全体に伝染していき、ますます流れに抗えなくなってしまった。

この「あせり」も目には見えないがとてもよく感じるもので、周囲への感染力も

強力だ。

 

勝負事は見えないものを見るチカラ、もっと言えば、見えないものを感じて予測する

チカラが勝敗を分ける大切な要素のひとつだと感じた。

 

それにしても、切ない。