New entry

つぶやき2018

長野マラソン2018

最終兵器1804

新兵器 GARMIN2

9勝9本塁打

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2018.04.18

つぶやき2018

長野マラソン

敗因とか分析とか力のこもった文章は書けそうもないので、つぶやき程度してみたい。

 

気温はそれほど低くはないのだが、しとしとと降る雨が鬱陶しい。

それに正直にタイム申告をしたおかげでゼッケン10160という大きな番号を背負い

最後から二番目のブロックスタートで、これまた憂鬱だ。

結局7分45秒かかってようやくスタート地点に到達した。

 

これ以上にないという安全走行の6分50-7分/km走行を保ちつつ淡々と走る。

ただし10kmを過ぎたあたりから脚の筋肉は疲労し始めていた。

なま0760

会社で悪魔のジェルと高濃度酸素水を受け取り、

五輪大橋のダラダラ坂へ、極力ペースを落とし温存しながら中間点は

2時間33分

この時点で5時間切りは無理、あとはペースを保ち関門をくぐり抜けているのみ。

が、25kmすぎからみるみるペースが落ちていき30kmすぎのフタコブラクダを

登るのもつらく、34kmの関門は締め切り58秒前で通過。

ここで将棋指しだったら「負けました」である。

 

一応岩野橋を渡り向かい風の一本道に入る「地獄の一丁目」に踏み入る権利

は得た。

頭をうなだれ前かがみになりなんとか歩かず走りぬくのが精一杯

で、39kmで関門閉鎖、収容。

 

ひとことで言ってしまえば練習不足、ゆっくりと走る練習で満足感を得て

いたツケがまわってきたという事だろう。

2018gurafu定

2010年初参加と比較してみると、まあモノノミゴトニ退化している。

さて、今後どうするか。