New entry

タンク点検

初心にもどれる時

Webサイトの写真撮影

花・花

令和

New entry

事務GROUP

営業GROUP

技術GROUP

回収サービスGROUP

お知らせ

アーカイブ

New entry

2019.04.15

長野市不燃ごみ回収再開

4月4日未明に起きた長野市ごみ処理施設「資源再生センター」の火災から

10日ぶりに、本日から長野市不燃ごみの回収が再開となりました。

イコールゼロ、本日の不燃ごみ回収先は篠ノ井地区。

回収サービスグループの長野市ごみ回収チーム(通称受託チーム)は、

いつもの通り、7時30分から朝礼を行い、担当地区へ出発しました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_770

今回の火災で、長野市の不燃ごみ回収は1週間ほど回収をストップしておりました。

不燃ごみ回収は、どこの地域でも月に1回なので、回収ストップの通達がでてから

そんなに苦情もなかったようですが、火災の翌日回収の地域では既に、

回収場所にゴミが出されてしまっていたので、若干のご意見があったようです。

 

今朝からの回収再開にあたり、長野朝日放送さんが、朝から収集車に同行取材されました。

取材を受けたのは、チーム主任の宮澤さん。

運転手は、慎重運転の月岡さん。

IMG_2071 3

IMG_2076 3

インタビューで、宮澤主任は、ライターやガズボンベの出し方のお願いなどを

しっかりしてくれていました。

(ニュースを見てくれた人の耳に届くといいのですが・・)

 

不燃ごみ回収は、時として火災がおきます。

以前もブログ掲載をしましたが、ライターやガスボンベが一緒に回収されるので

パッカー車への積込みで圧縮されることにより、使い切られていないガスボンベのガスが、

パッカー内で潰され充満し、そこに金属が擦れて(ライターなど)火花が飛び、

引火して燃えるということが起きます。

年に数回、こういった原因でパッカー車が火災にあいます。

収集車には、消化剤を積んでいるので、煙が出た時点で、消し止められることもありますが

燃えが激しい時は、中身を路上に開けて、消火作業をします。

長野市のゴミ出しの手引きにも、注意が書かれていますが、まだまだ徹底されていません。

少しでも、こういった原因で火災がおこらないように、きちんと分別してほしいと

回収を受けている会社の一員として思います。

 

どうかもう一度、長野市から配布されている「資源物とごみの出し方」のパンフレットを

見直して、きちんとした分別をお願いしたいところです。

わたくしも、もう一度しっかりと読み直そうと思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_775

まずは、なんとか不燃ごみの回収が再開されてよかったです。

 

本日のインタビューは

4月15日(月)ABNニュース 17:46〜 or  18:15〜で放送される予定です。

事務GROUP はら