New entry

登山の安全管理

固定観念の入替

災害研修

爺ヶ岳 観念 2011

長野市の人

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2008.10.3

2009年を考える

42歳の中小企業のオヤジをやっているものの一般論として、自分の誕生日などを祝ってくれるとしたら、夜間飲食業の接遇スタッフ(平たく言うと飲み屋のお嬢さん)とか保険レディーとかになるのだろう。


しかしここのところ専ら独りで考え事をしながら飲むようになっていて、接遇スタッフの居る店には数カ月に一度しか行かないのでその可能性はゼロだ。
昨夜は夕飯を
はなまるうどんの 温玉ぶっかけ冷の中盛り にコロッケ
をおかずに済ませてから会社で受験勉強をしてからの帰宅で子どもも寝静まっていた。
ところが今年はまずサイトリニューアルをお願いしたJBNさんからお祝いと合わせてMOLESKINEの手帳までいただいた。

P1000056.jpg

宇宙にもこだわるが自分の持ち物にはさらにこだわる私をうならせるいいセンスである。
また昨日入社した新入社員からも「おめでとうございます!」の声が。
10月は来年度へ向けての出発の月とも決めている。
部門スタッフ(課長)5人を集めて「〇〇社長の経営方針」と書いたワークシートを用意してそれぞれの経営方針を考えてもらった。
10年後、3年後のみすず工業のイメージから始まり、イメージと現実のギャップそしてその差を埋めるための課題を書き出し、来年度特に取り組むべき課題に絞り込む作業を1時間半足らずでやってもらった。
年がら年中こんなことばかり考えている私に比べて、いきなり社長の視点でなどと言われても少々酷かもしれないが、
まずは自分で「考える」ことそして答えまで導き出してみること
が大切であると思う。
頭を抱えながら完成した方針をひとりひとり発表してもらった。
どの課長も的外れなことは言っていない。
聞いていて、自分より解り易く3年後のイメージを描き出している人や、まだ役員の間であるとか自分のイメージの中でしか持っていない構想を知っているかのような大胆で鋭いビジョンを持った課長など、その後の会社方針の発表が甘すぎて発表をためらうような気さえしてしまった。
十分に各「社長」の構想を取り入れて未来のビジョンをより鮮明にイメージしていきたい。
これから年末まで、各部門長との部門実行計画の詰めが始まる。ここが来年の決め手となるため真剣勝負で臨みたい。
妥協しないで納得するまで書き直してもらう。もともとしつこい性格なので。
それには彼らに「考えて」もらうしかない。