New entry

登山の安全管理

固定観念の入替

災害研修

爺ヶ岳 観念 2011

長野市の人

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2020.11.26

登山の安全管理

登山をする時の安全対策においてもっとも重要なこと、、、

それは、登らない事である

とどこかの山岳ガイドが述べていた

 

実は、先日も性懲りも無く山へ行こうと天気予報とにらめっこしていた

で、前日夕方の最終予報で

「高所は雪、低所では雨が降るが未明には止み、晴れる」

とのことで、3時起きして燕岳に登るべく中房温泉登山口まで行ったのだが

5時を過ぎてもシトシトと雨は降りしきるし、明るくなってきても霧が

濃い状態のままだった

 

そうなると、元来のマイナスストーリー思考がフル回転して、

「まずは雨でぬかるんだ道を歩き始め、標高が上がると新雪が広がり

踏み跡がなくどこが登山道かわからない、おまけに濃い霧で方向感覚も

なくなり立ち往生、、、、」

 

と、弱気になった時点で今回は登る前に敗退となった

帰り始めると、すぐに雨が止み加減になったので、途中車を止めて空を見上

げてみたものの、一度やめると決めて未練がましく登って何かあったら

悔いが残る、、、、との思いでそのまま帰ってきた

 

結局その日は長野市内でもどんよりと曇ったまま、晴れていれば見える

爺ヶ岳〜鹿島槍の北アルプスも雲の中だったので、判断は正解だった

(北アルプスがくっきり見えてしまうと後悔をしたのだろうけど)

 

ということで、最も重要な安全対策(登らない)を怠る事なく

今後も登ることとしたい