New entry

判例 その2

判例

4630

人間DOC 2022

21年

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2022.01.17

山の初詣 2022

なぜか腰が重かった登山

 

だったが、なんとか登った

最近では定番となった暗がり、ヘッドライトを点灯して6時に一の鳥居

を出発した


続きを読む

2021.10.18

鹿島槍ヶ岳 20211009

私が最初に制覇しようと思ったのが鹿島槍ヶ岳であった(2019シーズン)

 

久しぶりに、今度は泊まり(冷池山荘 幕営)で行ってみた

テント場の夜は早い


続きを読む

2021.10.11

三俣蓮華岳 20211002

さて、登山の話であるが、気持ち的には一度死にかけてはみたものの、

結局のところ、登っている

 

55歳はじめの登山は、北アルプスの奥地

10月2日誕生日

新穂高温泉登山口から延々と歩いて8時間半、三俣山荘にとまり

ジビエシチュー(鹿肉)とワインで一人お祝いをする

じびえb_1c10


続きを読む

2021.09.24

北穂高 地震その2

(前回からつづく)

これは、、、、まずい、、、、、、、、

 

人間、考え始めると、とことん悪い方向へ考えるものだ


続きを読む

2021.09.22

北穂高 地震

全てを出し切っての山頂の生ビール

 

最高の気分で、山頂付近(3050m)に幕営して、死んだように昼寝をしてからさあ、

夕日を見る準備でもしようかとテントを這い出すと、、

17時過ぎ ユッサユッサと揺れる


続きを読む

2021.09.21

北穂高岳 20210919

北穂高

最新鋭の登山靴 LA SPORTIVA エクイビリウムの威力はすごい

沢渡駐車場から朝一番のタクシーで上高地入りして、歩き始めたら噂の通り

「脚が勝手に前に進む」感覚で抑え気味に行くが予定タイムを大幅に短縮していく


続きを読む

2021.09.13

白馬岳 20210913

白馬岳 しろうまだけ と読む

白馬村 はくばむら 白馬駅 はくばえき

などなど白馬と名のつくあらゆるものが「はくば」と読むのに、その代表格たる

山だけが「しろうま」と読む


続きを読む

2021.08.30

蝶ヶ岳 20210828

前回の西岳から1ヶ月ぶりの登山となった

(8月は豪雨など休日に晴れた日は1日もなかったので)

 

1ヶ月あいてしまうと、脚が元に戻ってしまうので、比較的楽な山に

登ることとした(4時間くらいで登れるので)


続きを読む

2021.07.29

西岳 20210722

オリンピックも見ているが山にも登っている

山の混みようも結構なもので、特に梅雨明け連休ともなればピークになる

と予測して、前日夜22時に中房温泉登山口駐車場へ、車中泊した

(それでも7割くらいは埋まっていた)


続きを読む

2021.07.20

常念岳 20210718

コロナVakzin接種明け

翌日とはいえ、午前2時起床なので昨日の続きみたいなもので、

さて副反応は??

なさそうなので登った

じょうねん


続きを読む