New entry

ワールドカップ2022の2

ワールドカップ2022

災害の研修

手帳2023

エスコンフィールド その2

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2022.11.28

ワールドカップ2022

もう4年たったのか

 

まさかのドイツ戦 勝利(しかも逆転)

国民が有頂天になっているところへ来て、

まさかのコスタリカ戦 敗戦

ドイツ戦勝利の夢から覚めたら、現実の世界だったせうことか


続きを読む

2022.11.18

エスコンフィールド その2

日本ハムファイターズの新しい本拠地

エスコンフィールド北海道についての第2回

 

重箱の隅をつついてみたが、問題の本質は他にあるとみた


続きを読む

2022.11.16

エスコンフィールド北海道

日本ハムファイターズの新球場が問題となっている

 

公認野球規則

本塁からバックストップ(ネット)まで60フィート(18.288m)上を必要とする

エスコンフィールドは、規則を満たしていない(もっと近くで臨場感を、のねらい)


続きを読む

2022.11.4

記憶の保存

母校野球部OB会 副会長としての役割

所用の会長にかわり、3年生を送る会へ出席してきた

 

送る会の前には、引退した3年生 対 1、2年生の試合が行われる

実はこの試合、37年前の自分たちの時からやっている(その前から)


続きを読む

2022.09.15

U18 2022

今、地味にU18野球のワールドカップをやっている

 

現在予選ラウンドを終えて、日本は4勝1敗の2位でスーパーラウンドへ

(台湾には9−2で完敗した)

 

ここまで(毎回)感じるのは、日本は「たくましさに欠ける」ということ


続きを読む

2022.08.23

白河の

ついに、深紅の大優勝旗が、白河の関を超えた

 

先日の予言  は見事に外れたが、まあいい

東北地方は、長らく高校野球において弱小の時代が続いた

その理由の一つが「雪国のハンデ」というやつに他ならない


続きを読む

2022.08.10

夏の音 2022

夏の甲子園

どこの県の、どこの高校の、すごい選手が、出ていなくとも、

スイッチを入れると聞こえてくる音をきているだけで、夏だなあと実感する


続きを読む

2022.06.6

ひのえうま

令和四年は壬寅年である

 

十二支(とら、うさぎ、とり、、、など)は意識する人は多いが、

十干(甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸)

自分の生まれ年がどの組み合わせになるか、、、知らないひとも多いのでは

しかし、我々同期は皆知っている

それが、丙午(ひのえうま)年うまれである

ひのえうま84


続きを読む

2022.05.25

光宙

光宙=ぴかちゅう

日本人の名前も来るところまで来た


続きを読む

2022.05.20

判例 その2

正しい手続きによって選ばれた裁判官が、何人もで法律に照らし合わせて審理し、

下した判決であるから正しくないわけではない(はず)


続きを読む