New entry

じょうそう組合新年会2020

厚底禁止

能力開花

成人式その2

肉離れ

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2020.01.20

じょうそう組合新年会2020

じょうそう組合の新年会

(平たく言うと、同業者の集まりみたいな感じ)

 

毎年恒例で行われた。

顧問に塚田元長野市長になっていただいており、年に何回か会うことが

できる。

塚田元市長は84歳になる今も元気満々である。

乾杯のご挨拶も、

「これからはこの業界でも、えすでーじーず、が大切」

と世の中の流れもよーく捉えていらっしゃる。

かといって偉そうなそぶりもなく気さくなおじいさんだ。

tasuku56

少しだけでも見習いたいものである。


続きを読む

2019.08.30

ギャラリー1908

夏である(夏が終わってしまう)

この時期にしか飾れないプールの絵の登場である

そして、新たに飾られることになった一枚がある


続きを読む

2019.05.21

墓碑銘 ー人気ー

華のある方だった

 

人望に加えて人気があったということだろう

とにかく「お別れの会」の参列者の多さには驚かされた

会場到着〜献花終了まで3時間近くかかったのだから


続きを読む

2019.04.18

ありがとうの会

92歳まで生きた伯母

暁美の「ありがとうの会」に参加した


続きを読む

2019.03.27

イチロー

イチロー

愛工大名電高校 背番号1

オリックスバファローズ 背番号51

シアトル・マリナーズ 背番号51


続きを読む

2019.03.22

鈴木一朗

鈴木一朗は半分人間じゃない

2009年WBC決勝の一打以来、そう思っていた。

 

しかし鈴木一朗も人間だったということか。

昨日の試合をもって、イチローは引退をした。


続きを読む

2019.02.26

墓碑銘 ー誇りー

大正に生まれ

昭和の激動期を生き

平成で老いを楽しんでいたが、

92歳の伯母に次の時代は来なかった。


続きを読む

2019.02.4

倉島さんを送る

存外に照れ屋だったんだな

と30年近く同じ会社にいながら初めて気づいた。

 

サマータイムならぬ、倉島タイムとも言うべき朝方人間で、コテっ早く回収を片付け

る人であった。


続きを読む

2019.01.18

稀勢の里

ついに引退した。

横綱の引き際にしては遅すぎたのだろうか、どうせなら15戦15敗してボロボロに

なって引退というのもありかなと思っていた矢先の引退であった。


続きを読む

2019.01.16

あの日に帰りたい

♪泣きながらーちぎーった写真をー 手のひらにーつなげーてみるーのー♪

 

今の経験やメンタルをもって、あの時に戻れたら、俺たち優勝してたなー

と誰かが言った。

その通り。


続きを読む