New entry

登山の安全管理

固定観念の入替

災害研修

爺ヶ岳 観念 2011

長野市の人

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2020.11.26

登山の安全管理

登山をする時の安全対策においてもっとも重要なこと、、、

それは、登らない事である

とどこかの山岳ガイドが述べていた

 

実は、先日も性懲りも無く山へ行こうと天気予報とにらめっこしていた

で、前日夕方の最終予報で

「高所は雪、低所では雨が降るが未明には止み、晴れる」

とのことで、3時起きして燕岳に登るべく中房温泉登山口まで行ったのだが

5時を過ぎてもシトシトと雨は降りしきるし、明るくなってきても霧が

濃い状態のままだった

 

そうなると、元来のマイナスストーリー思考がフル回転して、

「まずは雨でぬかるんだ道を歩き始め、標高が上がると新雪が広がり

踏み跡がなくどこが登山道かわからない、おまけに濃い霧で方向感覚も

なくなり立ち往生、、、、」

 

と、弱気になった時点で今回は登る前に敗退となった

帰り始めると、すぐに雨が止み加減になったので、途中車を止めて空を見上

げてみたものの、一度やめると決めて未練がましく登って何かあったら

悔いが残る、、、、との思いでそのまま帰ってきた

 

結局その日は長野市内でもどんよりと曇ったまま、晴れていれば見える

爺ヶ岳〜鹿島槍の北アルプスも雲の中だったので、判断は正解だった

(北アルプスがくっきり見えてしまうと後悔をしたのだろうけど)

 

ということで、最も重要な安全対策(登らない)を怠る事なく

今後も登ることとしたい


続きを読む

2020.11.16

爺ヶ岳 観念 2011

先日の大天井岳でフィナーレを迎えたつもりだった

が、また行ってきた

 

あまりに天気が良かったのと、雪もそれほど積もっていなさそうだったので、

軽アイゼンで行けるところまで行って、氷のように硬い雪に歯が立たなかった

ら、すぐに引き返す計画で出発した

 

結果的には、シーズン最高の登山となった

じい315

今回の登山でひとつ明確になった

それは、「冬山登山はキケン」という固定観念

もちろんキケンはキケンなので、そこは間違っていないのだが、冬山だから

キケンというわけではなく、冬山は天候が荒れるからキケンなのである

要するに、高所登山は天候が最大のポイント(キケン要因)となる

 

先日の登山は、2669mの爺ヶ岳中鋒山頂にいても全くの無風だった

しかも、2000mより上は積雪があり、普段は岩でゴロゴロした登山道が

平らになり、軽アイゼンでテンポよく歩ける

なおかつ、登山口の駐車場はガラガラ=登山者も少なく渋滞やすれ違いは

皆無でストレスなく登れる、

だけと雪をかぶった山々はこの上のない美しさだった

 

本当に登山を楽しみたいなら、この時期の快晴の日がベストだといえる

(もっとも無風という日はないのかもしれないが)

 

と、いうことで、誰もが知っている常識?を疑ってみることも大切という

ことを学んだ

かしまりり0965

 

(Hector L28mm  F6.3 /F 12.5 ISO200  ss1/250)

相変わらず難しいレンズ(85年前製造)だが、絞り気味にするとシャープ

に写るようなクセがわかってきた気がする

 


続きを読む

2020.11.5

大天井岳 有終2011

今シーズン最後にして最高の天気となった

ふじうんかい3

登っていく途中から雲海と富士山がくっきり見える

2日間富士山がくっきり見えるということも珍しい

てんとやり84

前回と似たような場所にテントを張ったが、雪が降った槍穂高連峰は

格別だ

9月21日の大天井岳の幕営では寒さに震え

10月26日の蝶ヶ岳では指が凍傷になりかかった

を教訓として、防寒対策を可能な限りおこなった

ダウンジャケット、ダウンパンツ、ダウンくつ、これを着込んで、ダウン寝袋

に頭まで入って寝る

おかげで、ポカポカで寝られた

(朝起きたら調理用の水は凍っていたけど)

もっとも、天気快晴無風で9月21日のほう断然寒かった

 

今シーズンの北アルプス登山を締めくくるには最高の登山となった

また来年

yario0935

 

Hector L28mm F6.3 /F9 ISO200  SS1/30

 


続きを読む

2020.11.2

54歳の小目標 その2

54歳始めの目標

1000ポイント獲得

 

結果=1200ポイント獲得

保険屋さんにまんまと乗せられて始めたポイント生活

 

満点(60点)となる12,000歩をクリアしたのが、18日間だった

まだ熱は冷めていないのでこれくらいは行けそうだ

 

そして54歳の小目標その2

里山に登る

 

北アルプスはすでに冬

だが、登山はやめたくない=ちんたら走るよりも走力アップに繋がる

ことがわかってきた

(もちろん登山力もアップしているが)

なので、里山=飯綱山あたりの登山で、マラソンにむけた脚づくりの土台を造る

こととする

(飯綱山は年中無休なので、冬でもOK)

 

そもそも、来春、長野マラソンが開催されるかは?だけど


続きを読む

2020.10.26

蝶ヶ岳 指が 2010

今年、一番の景色をいま一度見納めよう

と蝶ヶ岳へ

 

里は秋だが

みち17256みち2257


続きを読む

2020.10.19

64,67 折れた

大豆島下区ゴルフコンペ

64+67=131回

ということでまたしてもブービー(ドベから二番)だった

それで心が折れた、訳ではない

くらぶおれた


続きを読む

2020.10.15

ポイントその後

運動してポイント貯めて保険料割引しよう

というケチな性分にはもってこいの保険に加入した

 

で、1日に何歩歩いているのか

10月からの契約で、10月10日の朝、初めてアプリで見たところ、、、


続きを読む

2020.10.12

ガス欠

台風14号はブーメランのように太平洋上に逸れていったので、山は晴れる

 

と言うことで、白馬岳を目指して3時に出発

ところが、燃料が少なく「航続可能距離130km」


続きを読む

2020.10.5

西穂高岳 2010

54歳と1日目も山である

 

今回は偵察のつもりで軽く西穂高岳へ

新穂高温泉から登山口へはロープウエイを使うので、バカっ早く起きなくても

良い(といっても4時出発だったが)

観光客もちらほらいるし、いつもの計画に比べて短時間の登山ということで、

気楽にロープウエイに乗り込んだ

ところが


続きを読む

2020.10.2

54歳

はや54歳

ただ時間に流されているだけのように思える

 

気を取り直して、小さな目標シリーズは継続することとして

54歳の小目標 その1

1000ポイント獲得


続きを読む