New entry

鹿島槍ヶ岳22020814

夏の音 2022

BONSAI便り 2208

関屋さんをおくる

試験

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2014.07.1

ZEROへの道程 ースイッチー

俊足の大型スイッチヒッター林選手 (スイッチ=左右両打ち)

2年生に進級しても、その実力は隠されたままであった。

 

私の高校時代、3人の監督に指導を受け、夏の大会は3回とも違う監督で戦った。

で、2年時の監督は、永年コーチをやっていた大先輩。

実は現在もなおグランドに通い続けている、人生の全てを長野高校野球部に捧げた

と言って過言ではない人だ。

 

が、監督業となるとちょっと訳が違う。(情熱だけではだめ)

この監督の下では、あまりの指導ぶりにキャプテンが練習をボイコットするなど

様々な事が起きた。

 

そんな事もあって、2年生の春、そして夏はあっけなく終わってしまい

いよいよ、我々が最上級生となった。

 

夏練も終わり秋の大会(新人戦)へ

さすがに一応レギュラーとして大会に出場する事ができた。が。

8番レフト林君

野球にはライパチ(8番ライト)つまり打てないし守備も下手、チームで1番ダメな

選手の代名詞があるが、

現代野球においてライトは重要なボジションなので、現代のライパチは

8番レフト である。

 

そして大型スイッチヒッターは、鳴かず飛ばずとなり、打てなかったので

それでもまだ左打の方がまし

ということで、秋季大会は左打席に専念していた。

 

一回戦こそ勝ったものの、二回戦で普通の公立高校にころっと負けてしまった。

私は無安打。

ライパチ君そもののだった。

 

監督の指導は相変わらず、そして選手の士気も一向に上がらずイヤーなムードの

チームであった。

が、実はこの監督に私は大変感謝している。

チームの指導力は皆無であったが、監督のたったひと言が私を救ってくれたのだ。

 

「右で打ってみたらどうだ。」

 

一年半ぶりに、右で打ってみた。

さて、その結果は。。。