New entry

御嶽海の技と体

高邁な精神

社会機能維持者

山の初詣 2022

生活不可欠労働者

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2015.08.1

ZEROへの道程 ー三人旅ー

南米、自由きままな一人旅。

 

元来何をするにも一人が好きなので、ずっと一人で旅したいと思っていた。

恐れていたのは、日本人をはじめとするバックパッカー(リュックひとつで貧乏旅行

をする人々)

ここ、クスコにも大勢の日本人バックパッカーがいることは知っていた。

日本人は群れる。

同じ安宿にたむろして、いかに自分が安くてキケンな旅をしてきたか、に価値を

重んじる風潮がある。

それが嫌で、日本人が集まる宿には泊まらなかった。

 

が、ある日まちなかのレストランで遅い昼食をとっていたところ、

「日本人のかたですか」と二人の女性から声をかけられてしまった。

 

純子さん 28歳人妻 ペルーで26カ国目というツワモノ

洋子さん 27歳独身 ディスプレイの仕事をしている

 

ふたりとも別々に旅行をしていてこのクスコで知り合ったのだという。

 

わたしも、すっかり意気投合、、、したわけではなかったが、ここから先、

チチカカ湖のまちプーノまでの道中がかなりキケンとの情報もあり、ボディーガード

がわりに一緒に旅することとなったのだ。

 

そして、

28歳の人妻と27歳の女性と3人でベッドを共にしたチチカカ湖では

生涯忘れ得ぬ体験をすることになる。

この度のクライマックスともいえるだろう。

(そのはなしはもう少しさき)

三人