New entry

鹿島槍ヶ岳22020814

夏の音 2022

BONSAI便り 2208

関屋さんをおくる

試験

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2016.01.30

22世紀枠

センバツ高校野球

出場校が決まった。

 

21世紀枠候補の我が母校はあえなく落選。

結局、選考委員の好む「離島」と「被災地」高校が順当に推薦されたという感じだ。

長野高校は補欠校の2校にも選ばれなかった、つまり9校中上位5校にも入れない

という惨敗だった。

 

この結果から見えてくるもの。

それは、「ものの見方、考え方の偏り」だ。

多少楽しんでいた感はあったとしても、周りじゅういろんな推論をたてて、

行けるのでは、、、との結論を導きだしていた。

私は

といえば、このマイナス思考な私でさえ、

最初は釜石、小豆島、八重山が選ばれて長野は4番手かななどと予想していたのが、

周りの空気に煽られて

釜石、小豆島、そして最後の枠を進学校対決で長野と長田が争う、などと思うに至った。

 

身びいきは人の思考を狂わせる。

 

まあ、落選した後輩たちは、甲子園の遠さを実感したのではないか。そして小さな

挫折も経験した。

そんな小さな挫折くらいなんだ、と思う。

おそらく、リスクを取らない選択をすれば、彼らには安定した未来が約束されている。

(リスクを取った者からすると、あえてリスクを取りに行くのも味のある人生になるとは

思うけど。)

 

長野高校が甲子園の土を踏むのはいつの事になるのか。

我々の悲願は22世紀枠推薦まで持ち越されるのか。

高校野球よ永遠なれ。