New entry

鹿島槍ヶ岳22020814

夏の音 2022

BONSAI便り 2208

関屋さんをおくる

試験

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2017.09.1

ZEROへの道程 -入社-

ZEROへの道程 エピソード4 就職編

 

夢と希望に満ち満ちた新社会人としての輝かしい門出

みたいなわけには行かなかった。

前夜の日記 からして後ろ向きであったところへ来て、持病とも言える

自意識過剰

が出て、岩のように頑なな表情、態度、言動から社会人生活のスタートを切った。

 

後年、入社式、研修風景の写真をみたが、何ともごうまんそうな態度に閉口した

ことがある。(写真はおそらく残っていないだろう)

 

ということで入社式の日記

----------------------------------

四月二日  入社式

さて時代は変わり、ここから新しい日記帳にする。

入社式だが、持ち前の自意識過剰で結構緊張した。

自己主張なんていうのをやらせてまいった。私はほとんど話らしい話をしなかった。

なんであんなことをしゃべったのか、後悔している。まあ、喋れるようになるさ。

みすず工業の社員は明るかった。それだけにやりにくいなと思った。

今までは何をするにもピリピリとした雰囲気のなかで、怒られることもしょっちゅう

だったが。でもいざ勤務時間になれば違うとは思う。だがやっぱりやりにくいね。

他の二人は、平出某と宮入某。

平出はまだ若いなと思った。宮入さんは26歳というだけあって、落ち着いていて気が

回るいわゆる社会人に近かった。しかし、同期が三人というのはちょっとね。

明日はいよいよ出勤。

最初は、わかるんだよな、あの居場所のなさ。かえって仕事を押し付けてくれれば

いいのだが。たのむから前向きに、ひたむきにやってくれよ、

かっこつけないで。

------------------------------------

1990年4月2日 当時の日記 まま

 

同期の平出くんは今でも技術グループの一員として、宮入さんは同じく技術グループ

大日方さんの奥様として会社を支えていてくれる。