New entry

判例 その2

判例

4630

人間DOC 2022

21年

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2022.01.28

御嶽海の技と体

新大関 御嶽海

 

長野県では大盛り上がりだ(多分)

心技体がそろって横綱を目指してもらいたいが、

技と体はいいところへ行くのではないだろうか

(心は高邁な精神を体得することとして)

その根拠は、地元紙も特集記事を組んでいるが、「自己流の稽古貫き昇進」

とのタイトルだった

 

読んでみると、どうやら御嶽海の稽古というのは従来の大相撲とは

ちょっと違うようだ

従来の稽古=相撲の実戦練習、数多く相撲をとること、、らしい

そういえば、ぶつかりげいこで、ハアハアゼイゼイいいながら先輩力士を

押していって、ゴロンと倒されて砂だらけになってまたぶつかっていく、、

が「よく稽古をしているなあ」のものさしになっていた(自分の)

 

御嶽海はどうもそうで無いらしい

そうすると「稽古をしていない」という評価が定着してきたようだ

ひょっとしたら(おそらく)相撲界の古い体質というものが、稽古の概念

にも残っているのだろう

 

ふるきよき伝統みたいなものを守っていることは大切だが、変わっていく

ことも認めないといけない

たとえそれが、世知辛い世相であっても、

マイメロディのお母さんの名言「女の敵はいつだって女なのよ」が

性的偏見にあたるとして発売中止になっても、

である