New entry

鹿の命は短くて

体内時計

下り坂 57   -ひとのふり-

燕岳 20240511

飯縄山 20240505

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2022.07.20

記憶認証 その2

007シリーズ

それは日本でいうところの「男はつらいよ」シリーズである

 

冒頭の「小アクション」(寅さんでは夢)

ジェームスボンドと美女のチュー(寅さんではマドンナ)

ジェームスボンドと腐れ縁のマネーペニー(寅さんでは団子屋のおばちゃん?)

そして、

ジェームスボンドの絶体絶命からの、起死回生の秘密兵器や、おきまりのセリフ、

などなど

観ている人の、「来るぞ、来るぞう」という期待に答えつつ大団円を迎える

 

多少(かなり?)辻褄の合わないことや偶然が多すぎるのだが、そんなのも

含めて、温かい眼でやんわり観られるのが、ショーンコネリーボンドだろう

 

そして寅さんとの大きな違いは、ジェームスボンドのスタイルである

1960年代はファッションが、いまほどカジュアル化していないということ、

そもそもイギリス紳士であることなどから、ジェームスボンドは常にスーツに

ネクタイ、そして前をボタン止めしている

そして、カジノやディナーともなればタキシードを決め込む、、

そのスタイルがなんともカッコ良い

 

夏の暑さやコロナのせいで、さらにカジュアル化が進んでいる今の自分を見直し

たくなった

つづく