New entry

長野マラソン 2024

前日気分 長野マラソン2024

ですますイップス

長野マラソン 完走率2024

罹患 復帰

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2024.02.13

墓碑銘  場を変える

小澤征爾の墓碑銘を決めるほど、その足跡を知るわけではないが、この文章を

書いている間に、自分なりに考えてみることにする

 

子供の頃のなりたい職業に、画家か指揮者を挙げていた行きがかりということもあり、

指揮者には関心があった

日本を代表する指揮者といえば小澤征爾、ということで彼の「ボクの音楽武者修行」

を読み、世界へと飛び出していった物語を追体験していたのだが、ナマの指揮を見た

とこはなかった。

(そもそもクラシックのコンサートなど長野に来なかった)

 

ひょんなことから手に入った サイトウキネン のチケットで行ったのが

2003年公演のオペラ ファルスタッフ

オペラはおろかオーケストラのコンサートも初めての経験だった。

オケのメンバーがピットに収まり、音の調整をすると、足音を響かせて小澤征爾が勢い

よく登場した、、、、、、、、場の空気が一変した。

これが全て

人間のオーラというものはこういうものか、と登場しただけで感じたものが今でも

蘇る

(公演も良くないはずがなかった)

 

その後、小澤征爾指揮には巡り会わなかったのだが、今にして思えばもっとナマで

聞いておくべきだったと後悔している。

 

小澤征爾

日本人が西洋の音楽でも通用することを知らしめた

その場の空気さえも変えてしまう男

合掌