New entry

53才その10途中

落合橋

55,68

53歳の小目標 その10

睡眠時間

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2009.04.16

人間ドック

ひまひまひまひまひまひまひまひま

 

こんなに暇を持て余す生活というのも、一年にこの一度きりである。

人間ドックで病院に一泊した。

 

経営者として体のコンディションを整えておくということは、必須である。

 

日頃から、単に病気がないというだけではなく、脂肪分の少ない筋肉質の体にしておくこと、そして過度な寝不足などを連続しないように、適度に休息を入れておくこと、が大切である。

このことが経営をしていく上で、日々判断を誤らなかったり、とことん思考する気力が残っていたり、何よりも情熱を持ち続けることができたり、ということの基礎となってくるのだと思っている。

 

しかし、ヒマである。

そのヒマさ加減を、心と体をゆったりと休める時間にすればよいのだが、骨の髄まで現代日本の生活に慣れてしまっていると、これがなかなかできないのだ。

おそらく南米を旅していた頃の時間感覚であったら、なんら持て余すことはないのだろうが。。。

 

検査は待ち時間の中にもぽつぽつと進んでいくわけだが、最後の胃カメラには参った。

胃カメラは誰でもいやであろうが、今日は特別だった。

内視鏡室に呼ばれて入ってみると、昨年担当した先生と若ーい先生がいて、

何で二人いるのだろう、、、と いやーな予感がした。

その若い先生が始めてくれたわけだが、喉元でグエっとなるのはまあ、いつものこととして、ようやくカメラが喉元を通過したな、と安心していたらさらに大きくグエっグエっと止まらなくなり、あわてて昨年の先生にバトンタッチした。

そうしたらものの見事にスムースにカメラが入って行って、自由自在にカメラを動かし記録してしまった。

 

要するに、私は若い医師の練習台になったふしがある。

確かに、今回ドックに集まっていた高齢の人よりは、どう見ても頑強な私であれば医師もやりやすかったであろう。

それにしても、胃カメラというのはテクニックが必要なのだと感心した。

 

結果は?

仕事のしすぎとの医師の見解であった。 (とっくに現役を引退していて人の体のことより、自分の体の心配をした方が良いと思われる先生なので、あてにはならないし、第一あたっていないが。)

胃炎があったのと最低血圧が低すぎるとの理由からである。

 

ご飯を食べる時には仕事のことは考えずに、といわれてもなあ、と思う。

仮にそれを実践しても、夢で仕事をしているのだけはコントロールできない。しかも夢の中の仕事は、大抵うまくいかないのである。

 

胃炎は職業病と諦めている。

 

ということで結果は良好であった。