New entry

判例 その2

判例

4630

人間DOC 2022

21年

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2014.11.1

ZEROへの道程 ーロッヂで待つクリスマスー

高校の卒業式

それまで色気付いて伸ばした髪を丸坊主に戻し出席した。

そして、卒業式のあとはグローブをもって直行した。。

そう、甲子園へ。

 

我々が夏負けたあとの新チームは秋の大会を勝ち進み、見事春のセンバツ甲子園

に出場を果たしていたからである。

(甲子園練習のお手伝いに行ったというわけ。)

 

ほんのわずか甲子園を満喫し、(グランドからの雰囲気は格別)

3月の末、野球部の召集日に合宿所に出向き、指定されたアパートへ荷物を運び入れた。

(当時明治大学はレギュラークラスしか合宿所に入れなかった。)

 

同部屋に住む事になったのは、あの名門松商学園の飯島サン。

小学生、中学生を通して同じチーム(リトルリーグ、シニアリーグ)に所属した

怖い「先輩」だったので、緊張しながらの引越であった。

当然敬語。(同級生なのに)

だが、飯島サンから

「今日から同級生なんだから敬語は使わなくていいかからな」

とのお許しを得て晴れて同級生となる事が出来た。

 

秋葉原へ行ってテレビを買い、ホームセンターでベッドを買い、電話の契約をして

ひと通り住めるようにはした。

テレビもなかった始めのころ、良く聴いたのが飯島サンの持っていた「ラジカセ」

から流れる、ユーミン。

いままで、音楽など尾崎亜美以外改めて聴いた事などなかった林君

ロッヂで待つクリスマス

の寂しげでハートウオーミングな曲を聴きながらホームシックになったっけ。

以来、松任谷由実の曲を聴きまくった大学4年間であった。

 

調布市柴崎2−44−4ニュー石井ハイツ101

大学生活がスタートした。

にゅーいしいはいつ