New entry

御嶽海の技と体

高邁な精神

社会機能維持者

山の初詣 2022

生活不可欠労働者

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2015.10.2

ZEROへの道程 ー星が降る夜 後編ー

星。

 

こんなに星がたくさんあるなんて、信じてもらえるだろうか。

 

純子さんと洋子さん

三人で身体をくっつけながらベッドインしたものの

寝付けずに起き上がって外に出てみると、そこは満天の星。

 

地球の裏側の南米の果てまでやってきて

チチカカ湖の真ん中の電気もない小さな島で

宇宙の漆黒の闇の

すきまというすきまに星が輝いている。

真ん中に流れる白い帯は、、、天の川だ。

 

どのくらいの時間、空をながめていたのだろう。

気がすむまでぼうーっと空を見上げていた。

 

そして、一応寝つきはしたものの、やはり眠りは浅い。

明け方になって目を覚ますやいなや。再び外に出た。

写23歳日の出jpg

 

平成元年10月2日

23歳の日の出を見るためだ。

そう、私は23歳の誕生日をペルーのタキーレ島で迎えた。

 

今も思い出す

あの南米の高地の清らかな空気

音も色もない世界でみた星

それは、まさに宇宙そのものだった。

 

叶えられるのなら、もう一度だけあの島で、あの星空=宇宙を見てみたいものだ。

ちちかか

今までの人生のなかで、第1位にランキングされる絶景であった。