New entry

大天井岳 敗退

53歳の小目標 その11

仕切り板

爺ヶ岳200724

唐松岳2007

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2016.06.1

ZEROへの道程 十一月十一日 

南米放浪

メキシコ   =ティファナ →メキシコシティ

ペルー    =クスコ →マチュピチュ →チチカカ湖 →タキーレ島

ボリビア   =ラパス

チリ     =アリカ →サンチャゴ →プエルトモン

アルゼンチン =ブエノスアイレス →イグアスの滝

2ヶ月に及ぶ南米の旅も終わりをむかえた日の日記

------------------------------------

十一月十一日 南米大陸か

 

さあいよいよ本当に帰る日が来た。やっと帰れるというのに、ブエノスアイレスに

少々未練があるのと、どうも不安がつきまとう。言わずと知れた出国記録カード

不提出事件。開きなおってどうにでもなれ、という気にはどうしてもなれない。

 

また雨に降られてどうしようもなく、 風と共に去りぬ を見た。これだけ

安いと気軽になんでも観られていいよな。

映画の後、肉ざんまいの最後をかざるにふさわしい肉をたべようとかねてから目を

つけていた店の BIFE DE LOMO ESPESIAL をたべた。うまいことねえや。

結局アルゼンチンは肉天国だが、これはとうなるうまいステーキにはおめにかかれ

なかった。

それでも今日でアルゼンチン21日目だが、たった1日だけ肉を食わなかっただけで

あとは全部たべている。こんな事は生涯に二度とないだろう。

生涯で最も肉の三週間。

結局ヒダカさんとは生き別れた、残念だ。

 

今はチェックインも済ませて出発を待つのみ。

いよいよオレの南米旅行もおわりだ。予想どうり早く過ぎてしまったが、前半は

純子さんと洋子さん、後半はヒダカさん、と日本人と知り合って旅がおもしろく

なったし、おしえられること大だった。

ひと口に南米といても様々な国があった。

どの国も忘れられない。特に建物とか 遺跡ではなく、そこに住む人々の印象が

強く残った。まずしい人々、人なつこい人々、頭にきた人々、忘れられない。

南米大陸か。

 

ランチレはすごくよい。飛行機は新しかったし、アルコールもフリー。のみのものも

よく出る。それにとびきり美人のスチュワーデスがいた。 ほれた。

アルゼンチン時間22;50 サンチャゴ着 チリ時間20;50

 

 

ひるめし5575 えいが 1000

カセット 3900 ジュース 350 あまり 200

 

今日は 11,025アウストラル(13,78ドル)

アルゼンチン計 416.32ドル(19.82/day)

総計 1090.27ドル(19.82/day)

---------------------------------------

1989年11月11日 23歳

当時の日記原文まま