New entry

クールビス2020

64,67 折れた

ポイントその後

ガス欠

西穂高岳 2010

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2019.01.4

ZEROへの道程 ー回復ー

(ZEROへの道程 EPISODE5 闘病)

 

ガンの動きは予測不能である。

平成12年10月 入院 余命3ヶ月

11月 国立がんセンターへ転院

抗がん剤投与も効果なし

12月 長野市民病院へ転院

平成13年1月 第4回目の抗がん剤投与(これで効かなかったら最後)

そして

2月 効かないと思っていた抗がん剤が突然効き始めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成13年2月14日

夕方の先生の説明は俺と竹元、小林で聞いた。宏道には別の日に先生が直接説明

してくれるとのこと。

 

1 10/24入院時、全くの手遅れの状況で完治、又は生き残りの可能性5〜1%と

いう状況だった。

2 2/8のCTの結果との比較

全く別人のごとく効果が出ている。約5分の1に縮小、しかし決して消えている

訳ではない。

3 今後はまず基礎体力の回復に努める(リハビリを含めて)風邪に注意。

4 週一回程度の検診、治療

5 1ヶ月程度の割合でガンの転移チェックを各機能ごとに行う。

6 平常生活者としての復活は当面無理と考えるが、年に数回程度の会合、公式

会議程度ならば、その時点の体調チェックが基本であるが出席は可能でしょう。

 

不思議、不思議、奇跡、

 

専門の先生の意見からも、と、言わざるを得ないらしい。

俺になにがあるのか、また生命が与えられそうだ。

どのくらいの命が、どのようにあるのか、心の準備が足りない、気負うのはやめよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

林 襄の日記まま

 

あとは退院前に、念の為検査を行うのみとなった。

その時だった。