New entry

新車 2010

蝶ヶ岳 指が 2010

クールビス2020

64,67 折れた

ポイントその後

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2020.06.5

不思議・不可解の理由

COVID-19

日本では強力な都市封鎖など行われずに、感染者の爆発を抑えている

世界から見ると、それは不思議な現象らしい

 

だが、不思議・不可解な現象に理由はがないわけではない

その理由とは、アーティストな土建屋さんのブログにいいことが書いてある

(最近なるほど、と同意したくなる説が多々ある)

 

私はこれ以上思いつくことはないのだが、これではブログの盗作騒動になって

しまうので、思い出した言葉を付け足しておく

 

天知る、地知る、我知る、子知る      (後漢書 楊震伝)

 

どこで覚えたのか忘れたが、学生時代よく日記にこの言葉を書き付けていた

(高校1年からこのブログをはじめるまでの26年くらいは日記を書いていた)

 

 

要するに、自制の効かない時の自分への戒めをしていたのだ

永らくこの言葉を使うことはなかったのだが、コロナウイルス禍にあたり

久しぶりに思い出した

自らを自制する

一番大変でキツイことだが、これをやらないと人間(私は)ていたらく

になってしまう

 

至夜懐金十斤、以遺震    夜に至り金十斤を懐にし、以って震に遺らんとす。

震日、           震曰く、

故人知君、君不知故人、何也  「故人君を知る、君故人を知らざるは何ぞや」と。

密日、           密曰く、

暮夜無知者        「暮夜なれば知る者無し」と。

震日、           震曰く、

天知、地知、我知、子知  「天知る、地知る、我知る、子知る」

何謂無知         「何ぞ知る者無しと謂うや」と

密槐而出          密はじて出ず