New entry

経年劣化

白馬岳 20210913

欠けたとき

きむらけいいち

54歳の小目標 その12

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2021.09.6

きむらけいいち

東京パラリンピックが終わった

感動した

 

木村敬一

2歳で全盲になった水泳選手

泳ぎ方すらわからないところから、バタフライを得意とする選手に成長し、

そしてさらなる高みを目指して米国に単身渡る(英語も話せないのに)

どれだけ大きな努力と挑戦をし続けたのだろう、、、

悲願の金メダルに本人も、コーチも、実況も、解説者も、スタジオも皆泣いた

こんなにも愛される選手が日本のスポーツ界に今までいただろうか

 

ボッチャ

重いお手玉のような球を投げるのだが、そのミリ単位の正確な投球と球の

配置の戦略性など、緊張感のみなぎる競技である

勝負を決める一投を見ていると、イップスになりやしないかと心配してしまう

(ので、私はボッチャ選手にはなれない)

 

などなど挙げればきりがない

今までも競技自体は知ってはいたが、改めてその奥深さをみた

選手が異口同音に発していた言葉は

障碍は「与えられた個性」

その言葉の意味を自分に置き換えて考えてみた(つづく)