New entry

墓碑銘 -勧 酒-

市長訪問

登ってものぼらなくても

針ノ木・蓮華岳 20220917

U18 2022 振り返り

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2022.09.12

墓碑銘 Her Majesty the QUEEN

エリザベス女王 逝去

在位70年 艱難辛苦の日々だったことであろう

 

最近、身の回りが英国づいていた

英国靴や英国製の生地による背広などはもともとだったが、このところ

英国車を所有するようになり、そうなると007を観るようになった

 

そこで、あらためて見たのが2012ロンドン五輪の開会式

ジェームスボンドと、エリザベス女王の共演だ

(女王は二つ返事で快諾したらしい)

まずは映像

ジェームスボンドが、バッキンガム宮殿の女王を迎えに行く

ボンドと女王がヘリコプターでロンドンを市街地を飛び、開会式会場の上空へ

そこから、女王がパラシュート降下! ボンドも続く、

ここで、実際に、

エリザベス女王が登場する、、、

 

感激したのはここからである

万雷の拍手をうけて、ゆっくりと自席にむかい到着する、

観客に答えるべく手をふり、笑顔をみせるかとおもいきや、、、

まっすぐ前を向き、一層向けられる大歓声を拍手を、

身じろぎもせず、表情すら変えず、一身に受け止めている

これこそ、大英帝国の誇り、威信であることを体現しているかのような、

見事な立ち姿であった

 

Elizabeth  Alexandra  Mary

一国の、いや連邦を含めた国々の全て(歴史、格式、伝統、風土、精神、、)

を女王は背負っていた

合掌