New entry

墓碑銘 -勧 酒-

市長訪問

登ってものぼらなくても

針ノ木・蓮華岳 20220917

U18 2022 振り返り

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2022.09.15

U18 2022

今、地味にU18野球のワールドカップをやっている

 

現在予選ラウンドを終えて、日本は4勝1敗の2位でスーパーラウンドへ

(台湾には9−2で完敗した)

 

ここまで(毎回)感じるのは、日本は「たくましさに欠ける」ということ

環境の整った、技能戦術の画一的な、日本から一歩出てみると、ありとあらゆる

「雑な環境」に対応ができなくなる

(木製バット、食事、グランド、ボール、いい加減な審判、変則な相手、、、)

あまりにも日本は環境が整いすぎている

おかげで、純粋に競技に集中できるのだが、世界はそうはいかない

 

たとえば、

雑な審判の判定(ストライクゾーンがやたらと狭い)に、コーナーを丁寧につく

投手がフォアボールばかり出したり、

これも毎回思うが、甲子園であれだけ強烈に打っていた打者たちが、木製バット

では内野の頭を超える打球しか打てない、、、

 

予言

スーパーラウンドは、米国、韓国、阿蘭陀と対戦する

全敗もありそうだが、そこは、あの、私の大嫌いな馬淵監督である(松井5敬遠)

1勝くらいは監督の采配でもぎとれそうだ

で、1勝2敗(通算5勝3敗)で3位決定戦へ

3位決定戦では韓国または台湾と戦い、叩きのめされて

4位

 

これが今の日本高校球界の実力そのものだ