New entry

ワールドカップ2022の2

ワールドカップ2022

災害の研修

手帳2023

エスコンフィールド その2

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2022.11.18

エスコンフィールド その2

日本ハムファイターズの新しい本拠地

エスコンフィールド北海道についての第2回

 

重箱の隅をつついてみたが、問題の本質は他にあるとみた

 

本当なら、

来シーズンはそのまま、球場を使用するとして、しかるべき時に「公認野球規則」

の改訂を行う、が良いのではないか

 

プロ野球の本質は、観客を元気にする事だ

ひいきのチームが勝ったり、150キロを超える豪速球や、どでかいホームランに

エキサイトして、すげーとワクワクすると、心も踊る

安全で楽しい(エキサイティングな)観戦環境を作っていくことこそ、本来目指す

ところだと思う

 

また、規則の本質についての違いもあると思う

大リーグは「いかにお客さんに楽しんでいただくか」である

また、アンリトンルール(規則にないが守るべきこと)なるものも厳然としてある

(勝敗が決まりきった後で、敗者に追い討ちをかけるようなことはしてはいけない)

 

日本は規則に厳格である

それ自体は大切なことであり間違いではない

しかし、規則だけ守っていればよい(あとは何をやってもよい)となりがちだ

すべての判断基準は規則である

とすると、ギスギスした野球になってしまうと思う

 

予言

野球に限らず、日本はもっと法律(法解釈や判例)で判断されることが多くなって

いくだろう

そうすると、、、