New entry

鹿の命は短くて

体内時計

下り坂 57   -ひとのふり-

燕岳 20240511

飯縄山 20240505

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2023.10.24

Bリーグを学ぶ その2

(昨日のつづき)

それで、Bリーグはどこに行こうとしているのか、、、

実は、その構想があまりにも壮大であったが故に、現場を確かめたくなったのである

 

Bリーグを通して、地域を元気にする

そのために世界の頂点を目指すリーグにする

という壮大な構想である

野球(NPB)サッカー(Jリーグ)に肩を並べる、いや凌駕するくらいの高い目標を

掲げているのだ

 

なので、2026年から、今のリーグを再編したトップ・オブ・トップの

Bリーグプレミア を編成していく

これが超大変なハードルで、信州BWがこの壁を乗り越えられるか、が問われているのだ

その壁とは、

売上12億円、平均入場者数4000人などなど

例えば平均入場者だと、観戦した試合で2500人ほどで、開幕戦でも5000人を超える

程度なので、平均4000人はかなりのハードルとなる

いかに、地元ファンを増やし、チームを強くするか=スポンサー企業を集め、選手の

給料を爆上げするか、、、

 

現状の延長線上ではプレミアリーグに残れない

今までにない発想・手法により果敢に打って出なければ、この先はない

まるで自分に突きつけられているような課題が見えてきて、お互いに大変だなあと

妙なところで共感する林くんだった

ホワイトボードで作戦を練る

狭いコートで5対5という単純な構図である故に監督の手腕が問われるところだ

応援します