New entry

53才その10途中

落合橋

55,68

53歳の小目標 その10

睡眠時間

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2009.05.7

ZED

普段は3時間くらいの道のりを、渋滞の中に自ら突入しながら6時間かけて東京までたどりついても観る価値があった。

 

シルク・ドゥ・ソレイユ ZED(ゼッド)

 

簡単に言うと、フランス語で シルク(サーカス) ソレイユ(太陽)

ということでサーカスである。

がただ者ではない、エンターテイメントとアートが一体となった感動のステージである。

 

昨年あたりからカミサンが 「シクル・ドゥ・ソレイユ」としゃべっていたのを耳にはしてたのだが、その聞いたこともないような横文字だけを記憶していてさて、何だろうということで行ってみた。

 

シアターの最前列 「砂かぶり席」 というやつに陣取って迫力あるステージを観た。

舞台まではわずか1メートルという距離で、出演者の汗のほとばしりやメークの香りまで感じる位置で、あまりの近さにこちらが恥ずかしくなってしまうほどだった。

 

はらはらドキドキしているうちに2時間のステージはあっという間に終わってしまった。

 

およそ人間は 「こんなことができるのか???」 と思うようなことができてしまうのだなと深く感心した。

そして、人間の創意工夫と努力鍛錬には限界がない、と改めて感心した。

 

今後日本で行われる シルク・ドゥ・ソレイユの演目は生涯にわたりすべて観ることに決めた。

 

当分熱が冷めそうにない、が今日から大事な仕事がある。