New entry

53才その10途中

落合橋

55,68

53歳の小目標 その10

睡眠時間

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2016.07.4

ZEROへの道程 ーやられたー

一月二十八日  やられた

やられた。きょういのふんだくり。酒で失敗したろうか。

あいつの家へ行って布とか見せられてしつこいこと、しつこいこと。おまけにガイド

料とか言って、1時間30ルピーで11時間イコール330ルピーにプラス2000ルピーと

きた。それに訳がわからん布を100ドルで日本に持って帰させられた。何だかんだ正

当なことを言って、どうにもならないことろで、えらくふんだくられた。

信じたオレの完全なる負け。NOと言えないオレの負けだ。最初から買う気がなかった

ら値段など言ってはいかん。

もう一人のガイドやってくれた人は何も言わず、申し訳なさそうな顔をしていたが、

あの人には良心のかけらがありそうな気がした。

畜生、これだけの屈辱を受けた事は未だかつてない。

あのビールは殊の外きいた気がする。おれも酒で失敗するなんで大馬鹿野郎だ。

金輪際、大事な場面で絶対にのみすぎることはしまい。

 

ガイド 140ドル  ガイド(宮殿)20ルピー

ぬの 100ドル   どうぶつえん 3ルピー

飲み代 200ルピー

くい代 10ルピー

-----------------------------------------

1990年 23歳 当時の日記 原文まま

 

つまり、人のよさそうなジルさんが30ルピーで観光案内をしてくれるというので

散々連れまわされ、全くどこだかわからない彼の家で飲み食いをして、ゲロ吐くまで

酔っ払って、払うもの払わないと帰してくれない状態になった、ということ。

 

まあ、甘いですわ。

基本的にこの性質は今に至るまで変わることはないが。

人の言うこと鵜呑みにしてますよね、林くん。

大事な場面で酒飲みすぎてますよね、林くん。