New entry

MVP

墓碑銘 -赤ヘル-

言葉を超えた力

手帳2022

BIGBOSS

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2016.11.1

ZEROへの道程 ー犬も歩けばー

林宏道23歳インドの放浪。(毎月初めのZEROへの道程シリーズ)

旅にはハプニングがつきもの。

カルカッタでのいきなりの詐欺や熱病には参ったが、たまには面白いパプニングもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二月十八日  犬も歩けば

 

「いいことが一つや二つあるといいのに」と日本への手紙で書いたらそっさくいいこ

とがあった。

エローラの帰りやけに賑やかなので覗いてみると、これから結婚式だという。

「いや、腹が減っているから帰る」と言ったらめしもタダで食わせてやるという。

みてけみてけというのでみた。もちろんインドの結婚式は初めて。

外人の特権か一番前に座って、子どもらと一緒に米を新郎新婦にかけた。

花嫁はきれいな人だった。

いや結婚式というのは女性が一番きれいに見えるのかもしれない。

日本みたいな段取りはなく、一人がぼそぼそと何かを唱えてそれが終わったらみんな

が新郎新婦のところへギフトをもっていき、祝福する非常に単純なものだった。

そのあとは腹がいっぱい近くめしにありつけた。一人の若者がよく世話をしてくれたし、

最初にみてけといった人たちもよくしてくれた。

 

やっぱり自分の足で歩くにかぎる。ああいうハプニングにも出会うのだ。

これが犬も歩けば棒にあたるだな。

明日は5時起床だから早起きは三文の得といこうか。

インドはすてたものじゃない。西インドに入ったら面白くなり始めたぞ。

 

今日は 36.50ルピー

22日計 2030.30ルピー(02.29/day)

バス 5  夕めし ただ  宿 20 バス 4 昼食5.50 入場料0.50

チャーイ1.50

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当時の日記 まま

%e3%81%91%e3%81%a3%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%97%e3%81%8d

新郎には祝福の言葉(コングラッチレーションズ)と握手、

新婦には祝福の言葉のみで触れてはいけない、と細かくレクチャーを受けた。

%e3%81%97%e3%82%93%e3%81%b7

新郎は馬に乗って登場。今思えばカーストが色濃く残る社会で相当裕福な家柄だった

のだろう。

後ろのすまし笑顔の連中がよく世話を焼いてくれたが、写真を送ってくれと言われて

いたのだが、送らず終いになってしまったのが悔やまれる。

どうかネット検索でこの画像をみてください。