New entry

災害対応 DAY1

前穂ー奥穂 登頂

視察研修 2019

53歳

戸隠トレイルラン2019

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2019.01.16

あの日に帰りたい

♪泣きながらーちぎーった写真をー 手のひらにーつなげーてみるーのー♪

 

今の経験やメンタルをもって、あの時に戻れたら、俺たち優勝してたなー

と誰かが言った。

その通り。

 

明治大学野球部を卒業して30年になる。

あれから30年がたち、我々は、どこをどう歩いてきたのだろうか。

長崎のふぐ養殖王になったり、都市銀行で堅実に働いたり、海外駐在員になったり、

悪徳不動産王になったり、アーチストな土建屋さんになったり、雇われの身の

煮え切らない社長になったり、十人十色である。

ことのほか、皆立派になっていたのに正直おどろいた。

 

集まりには当時の助監督とコーチも駆けつけてきてくれた。

助監督はことし80歳を迎えるというが、酒は飲むはよく喋るわで元気満々だ。

(引き算してみて当時助監督が50歳だったことに驚いたが)

パワハラ、体罰禁止などという日本語がなかった当時、随分と理不尽な思いとか

余計な苦労をしたような気がする。

でも、30年も経って同じ目線で酒を飲んでみると、そんな思いは記憶の彼方に

追いやられているのがよくわかる。

 

思い出話が出るたびに、自分のことも振り返ってみたが、どこをどう切り取っても

心残りの4年間であった。

一言でいってしまうと、煮え切らなかったな、と。

 

あれから30年がたち、どこをどう歩いてきただろう、、、

思い返すと、煮え切らない人生をあゆんできたような気がする。

(三つ子の魂というやつ。)

煮え切らない自分は好きではないが、それも受け入れなければ仕方がないだろうし、

煮え切らないなりに、なんとか今までやってこられた自負も少しだけある。

 

だが、あえて、あの日に戻ってやり直せるとしたら。。。

どうやったら、リーグ戦のベンチ入りして、あわよくば一度だけでも試合に出られた

であろうか。

うーーーん  思いつかない。

 

やっぱりだめか。

 

♪青春のー 後ろ姿をー 人はみなー 忘れてしまうー あの頃のー

私にー戻ってー あーなーたーにー あーいたいー♪