New entry

災害対応 DAY1

前穂ー奥穂 登頂

視察研修 2019

53歳

戸隠トレイルラン2019

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2019.03.1

ZEROへの道程 ー創立記念式典ー

ZEROへの道程 エピソード5 闘病

 

父 林襄 が病に倒れてから、社員の前にたったのは二度

その一回目が、1月に全社員参加で行われていた創立記念式典だった。

この式典は父の社長業のなかでもっとも大切にしていた、社員全員に自らの思いを

伝える場であった。

前日まで出席できるか微妙(というか無理)だったが、最後は医師も許可を出さざ

るを得なかったようだ。

 

-------------------------------

平成13年1月21日(日)

予想と異なり久しぶりに晴れ模様、どうしたのだろう。

朝飯も病院食のみで済ますことができた、まことにスムース体調が良い、

昨夜は熟睡できた。

やはり病と、気は別々なのか、

「勇気」とにかく社員の皆の顔を見ているうちに彼らからのオーラを感じ

くすぶったもの、

汚れて張り付いていたものが、

音を立てて流れていった。

新しい芽が、ふつふつと芽生える音が聞こえるようだ。

そう、第二の人生の音だ、

人生の春を待つ音だ。

 

心配していた声もなんとか最後まで持った、

創立記念日、これはやはり私の人生の出発点であった。

皆の顔と目が十分応えてくれたのがうれしい。

この会社はきっといい会社になるだろう。

人を信ずる事の喜び、

心と心をぶつけ合う楽しさを知り始めている。

一日でも長く見守りたいものだ。

やんちゃ坊主たちの成長が楽しみ。

 

みすず工業の夢が見えてきた年であった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

林 襄 当時の日記 まま

 

ただならぬ病状ということは社員も知っていたので、「これが最後」と真剣に

聞いてくれたのが父に通じたようだ。

豪腕のイメージしかない林襄だったが、社員がいなければとっくに病気に負け

ていただろう。

社長なんてえらそうなことを言っているが、それを実現する社員がいてくれなけ

れば、ただのお飾りだ。

 

その大切なことを改めて思い出した。