New entry

棒と針

リクナビ2022

54歳の小目標 その6

BONSAI便り 2102

一年前

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2021.02.15

結末の変更

巣篭もり映画館

昔みて気に入った映画が「見放題」に追加された

 

CAST AWAY

国際郵便Fedexの有能な社員であった主人公が、ある時航空便の墜落とともに

太平洋の島に流されて、4年間の漂流の後に生還する

が、本人は死んだものとして時は流れ、婚約者も他人と結婚するなど全てを

失ってしまう

 

この映画のラストシーン

漂流中の心の支えにしていた「荷物を届ける」という使命を最後に果たすべく

荷物を届けると、もう彼は全くの自由だ(全てを失ったとも言える)

主人公が、だだ広い十字路にポツンと佇むと、棒切れを放り投げて指した方向へ

進み始める、というちょっとさびしい結末だ

 

なんの束縛もなく、自分の行く道を決めるこのシーンみたいな場面が、いずれ自分にも

訪れないかな、と密かに思い描いていた好きなシーンだ

 

が、久しぶりに見たそのラストシーンは、棒切れを投げるシーンはなし

Fedex最後の仕事として、荷物を届けたチャーミングな荷主とのやりとりがあり、

十字路にポツンと佇み、最後に荷主が去っていった道を見定め、自分を支えてくれた荷物

とその荷主に運命を感じたかのような笑みで映画は終わる

彼女との出会いを予感させる幸せな結末だ

 

わずか数分の場面でストーリーも変わっていないのだが、これだけ余韻が違うという

のも珍しい

というか、なぜ変えたのだろう

いや、本当はもともとこうだったのか、自分が他の映画と混ざり合って記録違いを

しているのだろうか、、、

元の映画を観てみたい