New entry

ワールドカップ2022の2

ワールドカップ2022

災害の研修

手帳2023

エスコンフィールド その2

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2022.08.19

甲子園予言 2022

甲子園は準々決勝が一番おもしろい

勝ち残った実力校や、勢いのある高校がガチでぶつかり合う

実はこの先試合が進み、決勝戦ともなると投手は疲れ切り、実力を発揮できず、みていて

辛くなる時があるので、準々決勝が面白い

 

で、明日から準決勝

ひとつ予言をしておく

 

今までの投手の余力を総合すると、ずばり仙台育英高校が優勝、というのが妥当なところ

だろう、しかし、、

 

聖光学院 2−1 仙台育英

投手力万全の仙台育英に対し、聖光学院エースが中1日で2試合投げている疲労を考える

と普通は仙台育英の勝ちである  が

息子の高校時代、聖光学院との練習試合をみて、これはすごいな、と思ったことがある

ここぞ、という時の気合の入り方が尋常ではないのだ

本気で生死をかけているかの如くの「精神状態」では、投手がいくら疲労していようが、

腕がちぎれても投げるだろうし、投手力万全の仙台育英をも圧倒してしまうだろう

 

下関国際 8ー5  近江

近江のエースも疲労困憊、二番手が打ち込まれるだろう

下関国際は大阪桐蔭を撃破し上昇機運だ

 

聖光学院 5−2 下関国際

聖光学院さらに疲労が重なるが、それをも凌駕する「精神状態」に入り文字通り

死に物狂いの戦いで勝利

聖光学院初優勝 深紅の大優勝旗が白河の関をこえる

 

と予言する