New entry

新春交流会 2024

ユニフォーム忘れた名刺がない

墓碑銘  場を変える

BONSAI便り 20240208

DAY 4 能登

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2023.11.20

アジアプロ野球選手権 2023

じみーに、アジアプロ野球チャンピオンシップが行われた

日本、韓国、台湾、豪州の4カ国のプロ野球選手の若手が集まり、総当たりで

上位2チームで決勝を行うというもの

 

2017年の第1回に続く大会だが、前回大会の記憶がない(ブログにも書いていない)

が、WBC優勝の余韻もあってか、今回は見てみた

予選を全勝で勝ち上がり、決勝戦は韓国

韓国野球は今低迷期ということもあり、勝って当たり前であったが、そこは独特の

空気が支配する日韓戦

2点を先行され、中盤に追いつき、最後はサヨナラ勝ちで優勝

 

もっとも、東京ドームですべて行っている訳なので優勝して当たり前である

声出し応援解禁、となってから今年の野球を見ていると、WBC、慶応高校、阪神タイガース

と応援の圧力の凄さを改めて感じてきた

 

この大会も、若手に国際大会を経験させて未来のWBCへ繋げようという狙いがある

そうであるならば、ホントは韓国か台湾の完全アウエーで試合をしたかったことろだ

日本は非常に完成された日本独自の「野球」の世界にどっぷり浸かっているので、

海外規格のプレー(時にはいい加減さ)を経験しておく必要があると思う

 

まあ、なにわともあれWBCに優勝にはじまり、アジア選手権の優勝で終わることが

できたので、野球界にとっては良い一年であった

来年はプレミア12があるという

また楽しめそうだ(結局予選以外は日本が会場らしいけど)