New entry

バイデン大統領

長野県ゼロカーボン戦略

戒厳令

初詣 2021

54歳の小目標 その4

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2009.09.2

大リーグボール

9月1日 定例の朝礼  

8月を振り返り、夏の高校野球甲子園を例えに、みすず工業はどんなチームを目指すのか、話した。

 

野球チームにはチームカラーというものがある。

打力のチーム、機動力のチーム、投手力のチーム、、、、、

 

みすず工業が、まず目指しているのは

 

  ノーエラーとバントで勝つチーム

 

野球はエラーや凡ミスから失点されるケースが多い。

単にヒットを打つ、三振にとるだけではなく 「ミスをしない」 チームが強いチームである。

 

また、ホームランを打つ練習は難しいし、巨人のようにホームランバッターばかりそろえることも出来ないが、練習によって送りバントは確実にできるようになるし、練習次第で守備は鍛えることができるのだ。

 

   だから、一本のヒットを送りバントでつないで、1点を取り、

   エラーをしないで確実に守り切る   地味ーーな野球

 

これがみすず工業のチームカラーだ。

 

そこに、さらに、絶対に打たれない魔球 「大リーグボール」 も開発している。  (他者にはまねのできない技術開発)

   大リーグボール?

今年入社の二十歳の女子社員の反応が鈍かった。(社員の顔色を見ていると話を聞いている人、聞いていない人、理解している、いないなど手に取るように良く分かる。)

 

ひょっとして、大リーグボール知らない?  星飛雄馬の大リーグボール。。。

全く知らない様である。あとで29歳になる女子社員に聞いたが、知らないとのこと。

リクルートの営業27歳に尋ねたところ知らないとのこと。

 

大リーグボールを知らない世代も多いのだ、と愕然としてしまった。。。

大リーグボールとは、マンガ(アニメではなく) 巨人の星 の星飛雄馬が開発した誰にも打てない魔球である。

 

   ノーエラーとバントで勝つ確実性の高い作戦をベースとしながら

   一方では誰にも打たれない魔球のような技術開発を進める

 

これがみすず工業の目指す強いチームである。

 

しかし魔球はいつか打たれる日が来る。

次なる大リーグボール 3号 4号 を考えなければ。。。