New entry

判例 その2

判例

4630

人間DOC 2022

21年

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2014.12.2

ZEROへの道程 ー優勝ー

東京六大学野球

六大学それぞれに個性があり、オリジナルの応援があり、伝統があり、

日本の野球のルーツがそこには詰まっていた。

 

春、秋のリーグ戦はそれこそ真剣勝負

 

勝ったら、解散自由行動、青山通りをぶらぶら歩き、渋谷あたりで飲んで帰れる。

負けたら、ダッシュでグランドへ戻り練習。

 

そんなリーグ戦を8回体験したわけだが、優勝したのはわずか1回だった。

 

2年の秋のリーグ戦

3年のエース武田、平塚の2枚看板が抜群の安定を誇り、

圧倒的な強さで優勝した。

(武田さんはのちに日ハムでドラフト1位、現在はBSで解説者

平塚さんはのちに、大洋ドラフト2位、現在は阪神のスカウト)

 

普段は少ない観客だが、優勝を決めた試合は内野から外野にかけて、明治の

学生で埋め尽くされた。

優勝の瞬間の紙テープの乱舞 忘れられない。

 

さて、その日は当然祝勝会で、選手も学生もどんちゃん騒ぎ

新宿コマ劇場前は、  おーおーメーイジー

明治の学生で埋め尽くされて校歌の大合唱である。

 

野球部のブレザーを着た我々は、それら学生に発見されるたびに

補欠だろうがなんだろうが関係なく胴上げをされまくった。

調子に乗ってビールかけなどもやった(ビールは目にしみる)

 

後日改めて優勝パレードなるものにも、補欠の端くれとして参加することができた。

野球をやっていて、優勝したのは後にも先にもこれ一回きり。

優勝ってのはいいもんだなあ

 

大学時代の数少ない嬉しい出来事であった。