New entry

判例 その2

判例

4630

人間DOC 2022

21年

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2014.12.3

ZEROへの道程 ー学生生活ー

一応大学生だったので、その他の学生生活について触れておく。

 

学校

学部は法学部だったので、刑法、商法、労働法、債権法、、、、、

法律のお勉強のオンパレードだった。

今にして思えば、よくあれだけチンプンンカンプンの講義で単位が取れたと

いうものだ。

 

映画

東京にでて、野球以外に(野球よりも?)熱中したのが映画だった。

なぜだかわからないが、熱病のようにはまり込み、年間100本を鑑賞することを

目標に、雑誌 「ぴあ」を熟読、計画を練る毎日であった。

古今東西

無法松の一生 からフランスのヌーベルバーグ「勝手にしやがれ」、上映の途中で

観客の殆どが、あまりのグロさに帰ってしまうアングラ作品まで

実に様々な作品を観た。

 

その中でのベスト映画といえば

ローマの休日

隠し砦の三悪人      だろう。

 

合コン

今や死語になりつつあるきらいがあるが、当時の流行に乗って

杉野女子大学、電通のOL、看護婦

この3団体と合コンを行った。

以上

 

自転車

大学3年のころだろうか、これもどういうわけでのめり込んだか覚えていない。

おそらく、ロードレーサーが流行っていたのだろう、意を決して10万円の

オーダー自転車(ロードレーサー)を購入してからはまった。

 

調布市のアパートから御茶ノ水の校舎まで、片道20キロの道のりを

颯爽と自転車で通学した。

都内のあらゆる場所に自転車でいった。

どこまでも自転車で行けるような気がして、ひたすら南に下り、気が付いたら

鎌倉の海(確か由比ヶ浜)に到達したこともあったな。

 

で、その集大成として長野まで帰ってみた。

夜の10時に出発

国道20号甲州街道から17号で埼玉県を北上し、夜通し走って夜明けに群馬県入り。

最大の難所、碓氷峠の旧道を止まりそうな速度で、しかし止まったら周りで見つめて

いる猿の群れに襲われそうな恐怖を感じながら走破。

結局220kmを17時時間かけて長野に帰った。

冒険者だったなあ。

 

そんなぱっとしない大学生活。