New entry

判例 その2

判例

4630

人間DOC 2022

21年

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2015.02.2

ZEROへの道程 ー留学?ー

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校

Calfornia State University Northridge  (CSUN)

 

この話をするときに困るのが、

「留学してたんですか、英語お上手なんですよね」

である。

 

確かに冒頭の名前の大学の英語コースに通ったのであるが

クラス25人の内訳は

中東勢(シリア、イラン、サウジアラビア)3人

東アジア勢(台湾、韓国)2名

日本勢 20名

くらいの比率であったので、授業で英語を使う以外は日本語でも十分

暮らせた。

日本人と教室へ行き、日本人と昼飯を食べ、

寮に戻れば、日本人で部屋に集まる。

 

もとはといえば、父親が一度は留学をというので用意してきた大学だったし、

英語を覚えようなどという意欲も持ち合わせていなかったので、

これといった目的のない米国生活となった。

 

しかし、それでもよかった。

何と言っても、親父の支配下から抜けられたのだ。

子供の時から何かにつけて、

あの「林襄」さんの息子

というフィルターを通して見られていた私にとって

初めてといえる気ままな生活だったからだ。

父親の影響下から離れた自分は実際のところどういう人間なのか

を知りたいというのもあった。

 

で、どうだったのか。。。

特段性格が変わるわけでもなかったので、

親父のフィルターが外れたかといって劇的な変化などなかった。

 

強いて言うならば、、、

ただの だらしのない青年 だった。

(やはり 祖父の 血を受け継いでいるのだろうか)

写cすh真