New entry

大天井岳 敗退

53歳の小目標 その11

仕切り板

爺ヶ岳200724

唐松岳2007

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2015.05.1

ZEROへの道程 -南米へ-

明治大学に進学を決めようとしていた頃、

文学部史学科 考古学専攻

を受験しようかなと思ったことがあった。(結果的には野球部から学部指定された)

 

子供の頃から歴史とか古代文明とか(ムーという雑誌を愛読していた)が好きで

ピラミッドなど様々な遺跡にいつか行ってみたいと思っていた。

その中の一つに、インカ帝国があった。

 

カリフォルニア大学ノースリッジ校への語学留学も半年近くが経ち、

アメリカ横断の旅をして真のアメリカを垣間見ることもできた。

一応留学の形は取ったので親父との約束も果たせたのではないか。

 

そう考えると、次なる放浪を画策せずにはいられなくなってきた。

そこで浮かんだのが南米ペルーである。

インカ帝国、チチカカ湖、マチュピチュ、クスコ、、、、

日本からは地球の裏側になる南米だが、アメリカから行けばそれほど遠いわけ

ではない。(日本から比べればだが)

 

そうだ  南米に行こう

それも、飛行機を使わず列車とバスを乗り継いで、勝手気ままに放浪してやろう

そう考えると、矢も盾もたまらずノースリッジを飛び出した。

 

アメリカ横断の相棒シゲオにメキシコ国境近くのサンディエゴまで送ってもらい

シゲオと別れた。

 

そうしたら、どうだろう急にそれまでのワクワク感はなくなり

心細さが襲ってくるではないか。

一人旅っていうのはこういうものか、、、

自由気ままの代償に、何から何まで自分でやらなければならない、

自分しか頼りにできる人はいないのである。

 

今までに感じたことのない「自分に対する責任感」を感じつつ

1989年9月18日

一カ国め

メキシコ国境の町、ティファナへバスで向かった。

さんしえご

メキシコ出発前日 サンディエゴの軍港をクルーズ