New entry

鹿島槍ヶ岳22020814

夏の音 2022

BONSAI便り 2208

関屋さんをおくる

試験

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2018.05.1

ZEROへの道程 ーJCその3ー

1996年日本青年会議所全国会員大会 長野大会

私の30歳の区切りの年でもあった。

 

そして40歳定年をもってJCを卒業した。

 

 

JCは是か非か

その答えは両方だと思う。

JC在籍14年半、多くの時間とお金をつぎ込んできた。

が、直接取引きににつながって売り上げが上がったわけではない。(もちろん

ゼロではないが)

やっていることといえば、会社の事業とは関係のない、まちづくりや人づくり

の事業。

しかも大量の宴会。

(宴会の場面だけは外部との接触があるので、なにを騒いでいるんだ、となる

のだろう)

 

でも、多くの時間をつぎ込んだ分、大酒を飲んだ分人との関わり合いが濃く

深く、人間のいいところも悪いところもいっぱい見ることができた。

(すこし斜めに構えていたぶん、その辺りをよく観察することができたのかもし

れない。)

 

また、事を成すときに肝心なこと、目的であったり目標であったり具体的な行動

であったりの積み重ねがいかに大切であるかを学んだ。

なので、時間とお金はいっぱい使って損をしたかもしれないが、その損を一生に

わたって取り返すことができると思っている。

 

今はいないとある役員に「うつつをぬかしている」といわれながらもJCをやり抜

いたことは私の人生の大きな宝となった。

 

しかし、そのJCで活動中、40歳を迎えるまえに人生最大の転機が訪れた。

 

エピソード4 就職  了