New entry

登山の安全管理

固定観念の入替

災害研修

爺ヶ岳 観念 2011

長野市の人

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2020.11.16

爺ヶ岳 観念 2011

先日の大天井岳でフィナーレを迎えたつもりだった

が、また行ってきた

 

あまりに天気が良かったのと、雪もそれほど積もっていなさそうだったので、

軽アイゼンで行けるところまで行って、氷のように硬い雪に歯が立たなかった

ら、すぐに引き返す計画で出発した

 

結果的には、シーズン最高の登山となった

じい315

今回の登山でひとつ明確になった

それは、「冬山登山はキケン」という固定観念

もちろんキケンはキケンなので、そこは間違っていないのだが、冬山だから

キケンというわけではなく、冬山は天候が荒れるからキケンなのである

要するに、高所登山は天候が最大のポイント(キケン要因)となる

 

先日の登山は、2669mの爺ヶ岳中鋒山頂にいても全くの無風だった

しかも、2000mより上は積雪があり、普段は岩でゴロゴロした登山道が

平らになり、軽アイゼンでテンポよく歩ける

なおかつ、登山口の駐車場はガラガラ=登山者も少なく渋滞やすれ違いは

皆無でストレスなく登れる、

だけと雪をかぶった山々はこの上のない美しさだった

 

本当に登山を楽しみたいなら、この時期の快晴の日がベストだといえる

(もっとも無風という日はないのかもしれないが)

 

と、いうことで、誰もが知っている常識?を疑ってみることも大切という

ことを学んだ

かしまりり0965

 

(Hector L28mm  F6.3 /F 12.5 ISO200  ss1/250)

相変わらず難しいレンズ(85年前製造)だが、絞り気味にするとシャープ

に写るようなクセがわかってきた気がする