New entry

報道への認識

快挙 松山英樹

ブログの題材

54歳の小目標 その7

二十年たった

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

未分類

ZEROへの道程

New entry

2021.04.1

二十年たった

会社の前での職業訓練校の視聴覚室で、誰の目にも余命が短いと映る林襄社長と、

全社員を前に、社長就任の決意を述べた

 

以来、二十年が経った

 

よくもったな

というのが偽りのない感想だ

 

よく、あんなに若く(34歳)て社長になって、もったな

よく、あんなに借金(債務超過)があって会社がもったな

よく、あんなに、

いろんなことになやんで、くるしんで、極限のストレスでネズミの幻覚が見えて、

それでも、けつだんして、けつだんして、自分がもったな

と、思う

 

社名も変わり、社員も変わり、オーナーも変わり、

いろんなことが変わったのだけど、会社だけは変わらずに残っている

父から会社を引き継ぐ時の父の予言

「十五年経ったらみすず工業は良い会社になる」

は、いま振り返ってみれば、その予言通りにもなったような気がする

(予言から十五年後タケエイグループ入り=上場企業の傘下となった)

 

父とは約束はしたわけではないが、社長のタスキはしっかりと受け取り、走り

続けてこられたわけだから、約束は果たせたと思う

 

あと、何年社長ができるかはわからない(自分のみで決めることではないので)

自分がいつまでもつかな、というのもわからない(父のような預言者ではないので)

 

ただひとつの道しるべは、やはり父の残した言葉だろう

人生に足跡を残せ