New entry

ワールドカップ2022の2

ワールドカップ2022

災害の研修

手帳2023

エスコンフィールド その2

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2022.10.3

墓碑銘 -勧 酒-

弔辞

本日、ここに、イコールゼロ 株式会社 元取締役 花野幸人さんの葬儀に際し、

謹んでご影前に弔辞を捧げます

 

酒が好きだった花野さん

おそらく、家では飲兵衛オヤジであり、会社での仕事ぶりなど家族の方には

多くは語られなかったことと思われます

今日は、そんな花野さんの会社での献身的な仕事ぶりについて胸に刻んで頂きたく

家族の方々にもお話しをさせていただきます

 

57分の35

57年の生涯の35年間、あなたはみすず工業/イコールゼロにお勤めいただき

ました

昭和61年、ドライバーとして入社、一度退職されて、居心地が良かったのか

昭和62年、再度ドライバーとして入社されました

振り返ると、社員や役員から「花ちゃん」と親しまれ、その永い社歴のなかで、

会社はいつも「困った時の花野さん頼み」だった気がします

 

処理からリサイクルへ、会社が転換期を迎えようとしている時、「廃油のリサイクル」

にゼロから携わっていただき、新しい事業への道筋をつけていただきました

あるいは、会社の中枢を担う総務課長としての役割、

今までの現場作業から慣れない事務仕事にも、苦労しながら対応されていました

 

そして、10年前、取締役が2名しかいない体制から、もう一人誰かを立てたい、

そう考え、「花野さんだったらやってくれる」の思い一点で白羽の矢を立てました

以来、10年間花野さんが担当したのは、社員の半数を超えるドライバーの統括で、

それはそれは、苦労の絶えない仕事でした

ですが、最初から最後まで、私からお願いしたことは文句ひとつ言わず、不器用

ながらも取り組んでいただきました

今となっては、愚痴のひとつもこぼしてもらえたら、そういう機会も設けたら

よかったかな、とも思います

 

あの日は突然に訪れました

未だ難病にあたる病に倒れ、回復を待ち望みましたが、今年6月に退任、そして

意識はしていなかっとは思いますが、その翌日に自宅で倒れて再入院となり、

静かに生の終焉を迎えられました

 

覚秋幸道居士

この、新たな名のように、

短かったけれども、秋の実りのような、十分収穫があった人生だったと、

これからは、幸せな道を行く人になるのだと、祈念いたします

 

勧君金屈巵     コノサカヅキヲ受ケテクレ

満酌不須辞     ドウゾナミナミツガシテオクレ

花発多風雨     花ニアラシノタトヘモアルゾ

人生足別離     「サヨナラ」ダケガ人生ダ

于武陵【勧酒】   井伏鱒二 訳

 

花野さん

どうか、やすらかに、

ゆっくりと何の心配もせずに、晩酌をたのしんでください

ありがとうございました

 

令和4年10月3日

イコールゼロ株式会社

代表取締役社長   林 宏道