New entry

新春交流会 2024

ユニフォーム忘れた名刺がない

墓碑銘  場を変える

BONSAI便り 20240208

DAY 4 能登

New entry

仕事のこと

ゼロの風景

私の思い

人 ひと

Private

マラソン日記

こだわり

ZEROへの道程

New entry

2023.11.27

守口爽和展

名は体を表す

我々業界には、なかなかいないタイプの人だ(ある意味林君もいないタイプだと思うけど)

 

長野県産業廃棄物協会(当時の名称)で同じ副会長として職を受けていた時期があった

多芸多才な人で、大学時代は落語研究会に所属し、同級生の吉村作治(エジプトのおじさん)

を協会の講演会に呼んでくれたりした

そして、絵を描くということは聞いてはいたが、これが趣味を超えてプロの画家なので

ある

会社及び協会の副会長引退後は2019年に個展を開催、そして今回4年ぶりとなる個展

に顔を出してきた

 

守口さんはいい意味で「画風」を持っていない

その時に、その素材(時には廃材)を眼の前にしてどう料理してやろうか、、

から始まるとのこと

なので、自分の絵のことを「駅前食堂」和洋中なんでもあって、どれを食べてもそこそこ

美味しいところを目指している

と称している

大作「飛躍」

79歳、今年は入退院を繰り返して体調がよくなかったというが、このエネルギー

はなんだ

 

守口爽和

颯爽と、創作の灯火(とうか)をともし続ける青年だ